Search

ワクチン接種に関する意見書

ワクチン接種に関する意見書

東京都台東区台東4-17-1偕楽ビル302

Tokyo DD Clinic院長 東京都台東区台東4-17-1偕楽ビル301

NPO法人薬害研究センター理事長

                                内海 聡

<略歴>

筑波大学医学専門学群卒業 東京女子医科大附属東洋医学研究所 研究員 東京警察病院 消化器内科 勤務 牛久愛和総合病院 内科・漢方科 勤務 平成18年8月 牛久東洋医学クリニック 開業

平成25年4月 現クリニック開業および現NPO法人 開設

医籍登録番号 413617号 平成12年6月7日

私は2019年8月までハワイに在住しておりました内海と申します。この度、日本からではありますが、内科医兼薬害研究者として客観的にワクチンについて考察して、意見書として提出したいと考えます。

1.ワクチンとは何かと獲得免疫について

2.ワクチンの構成成分と添付文書の内容

3.ワクチンに関する薬害の歴史 4.ワクチンに効果がなかったという研究1

5.ワクチンに効果がなかったという研究2

6.ワクチンが起こす副作用や後遺症

7.結論

I.ワクチンとは何かと獲得免疫について

まず私は、薬害の歴史と文献を研究する立場として、ワクチンには非常に批判的、否定的な立場をとっております。ワクチン(予防接種)の定義は「病原体(特にウイルス)から作り、これを人体・動物体に予防接種と称して接種し、体内に抗体を生じさせ予防する薬品」などということになりますが、古くからこの薬物によって得られる免疫は、人体が身につける免疫=獲得免疫とは違うということが指摘されてきました。人体の免疫というものは多種多様な構造をしており、それらがすべて機能しないと本質的な免疫にはならないという指摘です。つまりワクチンはこの多種多様な構造を無視して注射されるため、効果がなかったり様々な弊害をもたらすという指摘でもあります。獲得免疫の代表が、はしかやおたふく風邪にかかると、もうかからなくなるというもので、多くの一般市民も耳にされたことがあるでしょう。この指摘は初歩として覚えておいていただきたいと思います。

II.ワクチンの構成成分と添付文書の内容

ワクチンは以下のような成分でできています。それは公式文書(添付文書といいます)にも記載されている初歩的なことです。ワクチンが議題となっているなら添付文書は見ていただきたいと思います。

・水銀

水銀は重要な神経毒であり、依然として世界中のインフルエンザ・ワクチン(複数回接種タイプ)に入っています。あらゆる金属の中でもっとも有害性の高いものが水銀であり、水俣病でその怖さはご存じの方もいるでしょう。この水銀は食べるのとわけが違い、食べるより格段に吸収されることになり、免疫の異常をもたらすこと、一番は脳に溜まり脳の異常をもたらすことがわかっています。

・アルミニウム

アルミニウム